ロゴ
HOME>オススメ情報>歯科が恐いと思っている人必見!最新の治療技術で虫歯が治せる

歯科が恐いと思っている人必見!最新の治療技術で虫歯が治せる

歯医者

痛みの少ない治療法とは

技術の発達によって、歯科での痛くない治療が実現しています。五反田の歯科では、治療をする前に痛みを感じないよう口内に麻酔をします。ただ麻酔が注射である以上、痛みと恐怖を感じてしまう人もいます。それを防ぐために、麻酔をする箇所に表面麻酔をしてから注射をします。そうすると注射による麻酔の痛みを感じなくなります。またその後に麻酔薬を注入する時には、注入圧を調整しながら刺激を最小限に抑える歯科もあります。他にも虫歯を削るのにレーザーを使うことで、健康な部分を傷つけることなく最小限だけを取り除く治療をします。これにより治療中の痛みは少なくなる上、歯を極力健康に近い状態に残せます。さらに治療中はマイクロスコープ等を装備し、過度な削りをしないよう徹底している歯科医もいます。

口元

虫歯治療をする上で気をつける事

歯が痛いと感じた時は、なるべく早く歯科に行き治療を始めることが大切です。恐怖心から通院を伸ばしていると、その間に虫歯はどんどん進行してしまいます。違和感を覚えたら、早いうちに五反田の歯科に足を運ぶことで治療も軽くすみます。もう一つ気をつけることは、歯を削った部分にする仮詰についてです。見た目はきれいに仕上がっていますが、あくまでも仮なのでさほど強くはできていません。せいぜい1週間から10日ほどで本来の被せ物に取り替えるわけですが、その間に固いものや粘着力のあるものを食べないようにします。もし仮詰が取れたり欠けたりすれば、早急に歯科に行く必要があります。場合によっては歯の形が変わってしまい、せっかく出来上がった金属等がはまらなくなることもあるので、食事はなるべく柔らかいものにしておきます。